離婚と浮気

離婚の原因の中には浮気をしたというケースがとても多いと言われています。

浮気は離婚原因としてしっかりと認められます。浮気をしていた事実を知ったことが原因で離婚をする人はとても多いのです。例えば調査をしてみて、浮気をしていたということが判明すれば、弁護士に連絡をして、資料などを渡して、それを使って調停をして、離婚を成立させることは可能です。もしも調停でも離婚が成立しなかったという場合であっても、裁判に持っていくことは可能なのです。離婚裁判という言葉がありますが、浮気が原因で離婚裁判をする人も多いのが現状です。

浮気をしていた決定的な証拠というのがあれば、慰謝料をもらうことも可能ですし、養育費はもちろんのこと、お子さんの親権などもすべて、浮気をされた側に有利に持っていくことができます。

配偶者がもしかすると浮気をしているかもしれないという場合には、探偵を使って探るというケースもあります。これで証拠や情報を手に入れれば、あとはこれを利用して弁護士に相談して離婚に持っていけばいいのです。しかし協議離婚にまとめることができるケースもあります。

浮気をしたことで離婚を言い出されても相手も仕方がないと思っているケースは、協議離婚に至ります。

しかし相手に離婚を切り出されてそれに合意しないケースになると、離婚の話がまとまりませんから、調停へもつれこみ、それでも決まらないという場合には、裁判ということになるのです。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー